スザンニ刺繍

 

現在の中央アジアに伝わる刺繍をスザンニと呼びます。
キリムやオヤと同じように母から娘の結婚のお祝いとして贈られたり、
自身で将来の家族のために丁寧にひと針、ひと針、刺繍を施したそうです。

 


壁を飾ったり、ベッドカバーにしたり、華やかなデザインのスザンニは家々に彩りを添えてきました。

18世紀ころに作られたアンティーク スザンニなどは高額で取引され、コレクターアイテムにもなっています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

5