キリム&キリム雑貨

 

AYTURKでご紹介しているのは、コンヤやカイセリキリムなど。
カッパドキアは、キリムつくりの中心です。

 

コンヤキリム
コンヤ近郊で放牧される羊の毛を使って、絨緞やキリムの製作が昔から盛んでした。
マルコ・ポーロの『東方見聞録』に
「アナトリア、特にコンヤでは、世界で最も素晴らしい絨毯が織られている」と書かれています。

コンヤで織られるキリムはやわらかい子羊の毛を使い、きっちりと織られています。
強くて汚れにくく使い込むほどに光沢が出てきます。

糸はほとんどが自然の染料である草木染めで染められています。

草木染めは人工染料に比べて色落ちしにくいため、家庭でも洗うことができます。

コンヤキリムのそのほかの特徴として、織り目が詰まっているため大変丈夫なこと、
糸端の処理に特別な技術が使われているので裏表がほとんどないことがあげられます。

 

カイセリキリム

カッパドキアの東部に位置するカイセリの町、コンヤ同様に長いキリム生産の歴史を持ちます。
パステル系の色合いも多く、簡素化されたモチーフが多いのも特徴です。
ウールだけでなく、シルクのキリムも作られています。

 

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

17